ja

News List

  • 明治大学現象数理学共同研究集会「生物学、化学、数理科学から見抜くリズム現象」が開催されました

     本学科の中村孝博准教授と本学総合数理学部・末松信彦准教授が世話人を務めた「生物学、化学、数理科学から見抜くリズム現象」研究集会が3月1日ー2日の日程で中野キャンパスにて行われました。  本会は明治大学先端数理科学インス […]

    3/3.2019
  • 生命科学専攻の学生らがスペインで開催された国際学会で研究発表を行いました。

    11月8-9日にスペイン・マラガで開催された国際シンポジウムThe II Food Factorで、動物栄養学研究室に所属する大学院生2名がポスター発表を行いました。河原夏希さん(M2)は” Probiotic util […]

    11/28.2018
  • 環境応答生物学研究室の吉本光希准教授が第16回ラテンアメリカ植物生理学会大会に招待されプレナリーレクチャーを行いました。

    2018年11月11-15日にアルゼンチンコルドバ国立大学で開催された第16回ラテンアメリカ植物生理学会大会に環境応答生物学研究室の吉本光希准教授が招待され、植物オートファジーに関するプレナリーレクチャーを行いました。 […]

    11/20.2018
  • 環境応答生物学研究室の吉本光希准教授が日本アミノ酸学会 第12回学術大会で特別講演を行いました。

     2018年10月20-21日に明治大学 駿河台キャンパス リバティータワーで開催された日本アミノ酸学会 第12回学術大会に環境応答生物学研究室の吉本光希准教授が招待され、植物オートファジーに関する特別講演を行いました。 […]

    11/1.2018
  • 山崎晋先生(テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター)が明治大学生田キャンパスにてご講演されました。

     山崎晋先生が「これからのサーカディアンリズム研究~基礎科学研究者は今後、何を解明できるのか?~」という題名で、概日リズムの基礎から、最新の研究内容までを発表してくださいました。他大学からも聴講者が訪れ、多くの質問が飛び […]

    10/31.2018
  • 動物栄養学研究室の論文が、Archives of Microbiology (2018) 200:505-515に掲載されました。

    タイトル:Glucerabacter canisensis gen. nov., sp. nov., isolated from dog feces and its effect on the hydrolysis of […]

    10/28.2018
  • 浅沼准教授が第11回セラミド研究会にて招待講演を行いました。

    10/28.2018
  • 生命科学専攻の学生らがチェコで開催された国際学会で研究発表を行いました。

     9月22-25日にチェコ共和国・プラハで開催された国際シンポジウム18th International Nutrition and Diagnostics Conference (INDC2018)で、動物栄養学研究室 […]

    10/17.2018
  • 昨年退官された加藤幸雄元教授(遺伝情報制御学研究室)が日本繁殖生物学会の名誉会員になられました。

     第111回日本繁殖生物学会総会(2018.9.14信州大学上田キャンパス)にて、加藤元教授に名誉会員証が授与されました。この授与式では、加藤元教授の最終講義の日に急逝された故 前多敬一郎前理事長(東京大学・教授)が名誉 […]

    10/4.2018
  • 旧遺伝情報制御学研究室(加藤教授)の論文が国際誌Reproductive Toxicologyに掲載されました。

    論文タイトル Presence of human herpes virus 1-thymidine kinase in testis of azoospermic infertile herpes-infected pa […]

    10/1.2018
ja