ja

News List

  • 旧遺伝情報制御学研究室の論文が、J Neuroendocrinol 2018 Mar;30(3):e12570に掲載されました。

    タイトル:Retinoic acid signalling is a candidate regulator of the expression of pituitary-specific transcription f […]

    4/11.2018
  • プロテオミクス研究室と旧遺伝情報制御学研究室の共同研究の論文が、Cell Tissue Res (2018) 371:339-350に掲載されました。

    タイトル:TGFbeta signaling reinforces pericyte properties of the non-endocrine mouse pituitary cell line TtT/GF(Ts […]

    4/11.2018
  • 旧遺伝情報学研究室の研究ノートが、明治大学農学部研究報告 2017; 67: 69-75に掲載されました。

    タイトル:レコンビナーゼCreERT2 導入BAC クローンによって作製したトランスジェニックラットの組織化学・細胞生物学的研究 (加藤幸雄, 上春浩貴, 後藤哲平, 吉田彩舟, 加藤たか子, 平林真澄) 解説:本研究は […]

    4/11.2018
  • 旧遺伝情報学研究室の論文が、Scientific Reports(2018) 8:5533 | DOI:10.1038/s41598-018-23923-0に掲載されました。

    タイトル: Isolation and characterisation of CD9-positive pituitary adult stem/progenitor cells in rats(Kotaro Hori […]

    4/11.2018
  • 3月8日に、明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート 公開シンポジウム 「動物発生原理からのUnmet Medical Needsへのアプローチ」が駿河台キャンパスで開催されます。

     明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート(MUIIBR、所長:本学科・長嶋比呂志教授)は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/革新的先端研究開発支援事業インキュベートタイプ(LEAP)プロジェクト […]

    2/17.2018
  • 明治大学バイオリソース研究国際インステュテュート(所長:本学科・長嶋比呂志教授)が、 稀少難治性疾患モデルブタの繁殖・生産・供給システムの開発に成功

     致死性X連鎖性遺伝病を発症する疾患モデルブタの開発と、その繁殖・供給システムの確立に関する論文を、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences […]

    2/17.2018
  • 2月3日(土)に生命科学科・遺伝情報制御学の加藤幸雄先生の最終講義が行われました。

    2月3日(土)に生命科学科・遺伝情報制御学の加藤幸雄先生の最終講義が、「下垂体研究の33年間 -終わる人と終わらない研究-」と題して行われました。当日は農学部や研究室出身のOB他、ゆかりのある多くの方々が集まるなか、川上 […]

    2/17.2018
  • 故太田昭彦先生の論文がJournal of Reproduction and Development(日本繁殖生物学会誌 63巻(6)、2017.12月号)に掲載されました。

     2012年10月5日に逝去された太田先生は動物生理学研究室を主宰され、数々の繁殖分野の研究を手掛けておられましたが、志し半ばで亡くなれました。本論文は、当時、精力的に進められていた仕事の一つで、遺伝子組換え技術で生理活 […]

    12/23.2017
  • 環境応答植物学研究室の論文が 英国誌「New Phytologist」に掲載されました。

     * プレスリリース 明治大学 

    12/7.2017
  • 加藤研OB・吉田彩舟さんが12月1日より東京慈恵会医科大学生化学教室の助教に着任されました。

     研究・知財戦略機構研究員・学振PDの吉田彩舟さんが、12月1日より東京慈恵会医科大学生化学教室の助教として採用・着任されました。  吉田彩舟さんは、2010年度に 農学研究科生命科学専攻(遺伝情報制御学研究室・加藤幸雄 […]

    12/1.2017
ja