ja

Category Archives: お知らせ

  • ゲノム機能工学研究室(大鐘潤教授)の論文がScientific Reportsに掲載されました。

    本論文は、ハプロ不全で発症する優性遺伝病であるマルファン症候群の原因遺伝子FBN1で、プロモーター領域での正常アリルのDNAメチル化による偶然の不活性化が発症や重篤化につながる可能性を示唆したものです。ハプロ不全では片方 […]

    3/25.2020
  • 環境応答生物学研究室の論文が米国植物生理学会 (American Society of Plant Biologists) 誌「Plant Physiology」オンライン版に掲載されました。

    要旨 世界の農耕地の約50%が亜鉛欠乏土壌であり、農作物における亜鉛欠乏の対応策の確立は急務であると言えます。明治大学農学部生命科学科の吉本准教授らの研究グループは植物が細胞内自己分解システム「オートファジー」を駆使し, […]

    1/30.2020
  • 【生命科学専攻】博士前期課程1年の宮﨑翔太さんが第26回日本時間生物学会学術大会 において優秀ポスター賞を受賞

    生命科学専攻博士前期課程1年の宮﨑翔太さん(中村孝博研究室)が2019年10月12日(土)から13日(日)に行われた第26回日本時間生物学会学術大会(金沢市文化ホール)において優秀ポスター賞を受賞しました。   この賞は […]

    10/17.2019
  • 生命科学科の助教・藤茂雄氏が、日本農学進歩賞の受賞者に選ばれました。

    2019年度の第18回日本農学進歩賞の受賞者に、生命科学科の助教、藤茂雄(とう しげお)氏が選ばれました(http://www.nougaku.jp/award/award1.2019.html)。   日本農学進歩賞は […]

    10/10.2019
  • 植物分子生理学研究室の川上直人教授が、国際種子科学会の日本代表に任命されました。

    2019年9月25日にオランダで開催された国際種子科学会(ISSS: International Society for Seed Science)の年次総会において、植物分子生理学研究室の川上直人教授が、国際種子科学会 […]

    10/10.2019
  • 生命科学専攻の学生がオランダで開催された国際学会で研究成果を発表しました。

      2019年9月22-25日にオランダ・フォーレンダムで開催された国際会議、6th Workshop on Molecular Aspects of Seed Dormancy and Germinationにおいて、 […]

    10/10.2019
  • 環境応答生物学研究室の修士2年篠崎大樹さんが第5回植物の栄養研究会で最優秀ポスター賞を受賞しました。

    2019年9月20-21日に広島大学で開催された第5回植物の栄養研究会において、環境応答生物学研究室の修士2年篠崎大樹さんが「植物オートファジーによる亜鉛の生物的利用能の向上」という演題でポスター発表し、昨年に引き続き、 […]

    10/1.2019
  • 8月7日(水)、8日(木)にオープンキャンパスが開催されます。

    8月7日(水)、8日(木)に生田キャンパスにてオープンキャンパスが開催されます。生命科学科では、学科の概要が分かるガイダンス、大学の講義を実際に近い形で体験できる模擬授業、研究室・施設見学ツアーなども実施されますので、明 […]

    6/21.2019
  • 助教の藤茂雄博士が、平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰、若手科学者賞を受賞しました。

     藤茂雄(とう しげお)博士は生命科学科が発足した2000年に植物分子生理学研究室(旧:農学科の植物工学研究室)に入室しました。その後、大学院生命科学専攻に第1期生として進学し、博士の学位を取得しています。 受賞の業績は […]

    4/18.2019
  • 環境応答生物学研究室の吉本光希准教授がJapan-Taiwan Plant Biology 2019で招待講演を行いました。

     2019年3月14-16日に第60回日本植物生理学会年会と共同開催されたJapan-Taiwan Plant Biology 2019において(名古屋大学 東山キャンパス)、環境応答生物学研究室の吉本光希准教授が植物オ […]

    3/21.2019
ja