ja

教員個人(研究室)ページ

動物栄養学研究室
Laboratory of Animal Nutrition

担当教員 : 浅沼 成人専任准教授
プロフィール画像

<研究略歴>

2001年、明治大学大学院農学研究科農学専攻博士課程修了。
日本学術振興会特別研究員-DC1、同-PD、明治大学農学部・専任講師を経て現職。

<主な担当科目>

動物栄養学Ⅰ・Ⅱ、生命科学実験Ⅳ

<ひとこと>

You can do it. 
研究室 : 第一校舎6号館4階6-401号室

研究テーマ

動物の消化管には、多種多様な細菌が生息しており(その数100兆個以上、この群衆を腸内フローラと呼びます)、宿主である動物と協力して生きています。

その協力関係は多方面に及び、単なる栄養供給に留まらず、健康維持はもちろん、老化や美容にも関係しています。
例えば、腸内フローラの乱れにより腸内に毒素が溜まるようになると、血流を介して肌にも届いてしまい、肌細胞の代謝に悪影響を及ぼし、肌荒れやくすみやの原因となります。
つまり、腸内フローラを整えることは、若さやキレイを保つことに繋がるのです。
また、食品中には生理活性の高い物質(特に脂質類)が含まれており、それ自体でも宿主動物にプラスの効果をもたらしますが、その多くは腸内細菌の代謝により別の物質に転換されることで、より高い効果を発揮します。

当研究室では、美容効果が期待される生理活性脂質に着目し、それをより高い効果の持つ化合物に転換する腸内細菌を見つけ出し、活用することで、体の内側から美と若さを改善する方法を探る研究を行います。 テーマの一つとして、食品中に含まれているのに、消化・吸収されないので、捨てられてしまうセラミドを、新種の腸内細菌を使ってヒトが利用できるように転換して、生理機能を高めることがどのような美容効果をもたらすかを調べています。
また、別のテーマとして、肌に潤いを与え、ダイエットにも役立つ魔法のアブラであるオメガ3脂肪酸を、腸内細菌を使って、更に機能を高める研究をしています。

研究室メンバー

博士3年 1名; 修士2年 4名; 修士1年 1名; 学部4年 8名; 学部3年 5名

研究業績

2017

 <学術論文>

1)Kawata M, Tsukamoto A, Isozaki R, Nobukawa S, Kawahara N, Akutsu S, Suzuki M, Asanuma N, “Glucerabacter canisensis gen. nov., sp. Nov., isolated from dog feces and its effect on the hydrolysis of plant glucosylceramide in the intestine of dogs“, Arch Microbiol, 2018, 200, 505-515.

<学会発表>

 1)Asanuma N, ” Augmentation of the hydrolysis of dietary glucosylceramide in the large intestine by a newly bacterium isolated from canine feces “, th Congress of European Microbiologists (FEMS2017), 2017.07.09-16, Valencia, Spain

 2)Kawata M, Tsukamoto A, Asanuma N, “Characterizations of newly isolated Clostridium coccoides group bacterium as its probiotic effects”, BioMicroWorld2017 Conference , 2017.10.18-20, Madrid, Spain

 3)Tsukamoto A, Asanuma N, “Enzyme properties of glucosylceramidase in the novel bacterium A that is a member of the Clostridium coccoides group“, BioMicroWorld2017 Conference , 2017.10.18-20, Madrid, Spain

 4)Akutsu S, Asanuma N, “Effects of lipid metabolites by dog fecal bacteria on skin whitening”, BioMicroWorld2017 Conference , 2017.10.18-20, Madrid, Spain

 5)Kawahara N, Asanuma N, “Probiotic utilization of the newly isolated Butyrivibrio sp. improves the skin barrier function”, BioMicroWorld2017 Conference , 2017.10.18-20, Madrid, Spain

6Nobukawa S, Suzuki M, Asanuma N, “Comparison of the ability to isomerize linoleic acid to conjugated linoleic acid among newly isolated Butyrivibrio sp.”, BioMicroWorld2017 Conference , 2017.10.18-20, Madrid, Spain

 7Suzuki M, Nobukawa S, Asanuma N, “Microbial populations related to conjugated linoleic acid production in dogs”, BioMicroWorld2017 Conference , 2017.10.18-20, Madrid, Spain

 

2016

 <学術論文>

 1)川田実生, 浅沼成人, “食事性グルコシルセラミドによる皮膚バリア機能の改善と大腸炎の緩和・抑制“, 明治大学農学部研究報告, 2016, 65, 83-93.

 <学会発表>

 1)Asanuma N, ”Application of plant ceramide as antibacterial agent to prevent Escherichia coli O157:H7 infection“, IV International Conference on Antimicrobial Research ICAR2016, 2016.06.29-07.01, Torremolinos-Malaga, Spain

 2)Kawata M, Tsukamoto A, Asanuma N, “Characterizations of plant glucosylceramide hydrolyzing bacteria isolated from canine feces”, 16th International Nutrition & Diagnostics Conference INDC2016 , 2016.10.03-06, Prague, Czech Republic

 3)Tsukamoto A, Kawata M, Asanuma N, “Augmentation of the utilization of dietary glucosylcermide by the novel Bacterium A“, 16th International Nutrition & Diagnostics Conference INDC2016 , 2016.10.03-06, Prague, Czech Republic

 4)Akutsu S, Kawahara N, Asanuma N, “Inhibition of melanogenesis by plant ceramide in B16 Melanoma cells”, 16th International Nutrition & Diagnostics Conference INDC2016 , 2016.10.03-06, Prague, Czech Republic

 5)Kawahara N, Akutsu S, Asanuma N, “Availability of dog feces as the amino acid source for Butyrivibrio fibrisolvens”, 16th International Nutrition & Diagnostics Conference INDC2016 , 2016.10.03-06, Prague, Czech Republic

ja