ja

教員個人(研究室)ページ

ラボロゴ

動物生理学研究室
Laboratory of Animal Physiology

ラボロゴ2
担当教員 : 中村 孝博専任准教授
プロフィール画像

<研究略歴>

2005年、名古屋大学大学院生命農学研究科応用分子生命科学専攻博士課程修了後渡米。
バージニア大学生物学部生物リズムセンター・博士研究員、カリフォルニア大学ロサンゼルス校精神医学部門・研究員として哺乳類概日リズム発振神経機構に関する研究に従事。
2010年に帰国し、帝京平成大学薬学部・講師、明治大学農学部・専任講師を経て現職。

<主な担当科目>

動物生理学Ⅰ・Ⅱ、生命科学実験Ⅳ、生命科学入門(分担)

<ひとこと>

Little things make big things happen.

data base

web site

研究室 : 第一校舎5号館4階405号室

研究テーマ

本研究室では、生体リズムに関する研究を行っています。生体リズムは、地球上のほとんどすべての生物が持つ生命現象であり、その学問分野である「時間生物学」では、バクテリアから植物、そしてヒトに至る様々な生物種で、様々なリズム現象を研究しています。その中でも本研究室は、哺乳類の約1日のリズム(概日リズム)を駆動する概日時計の本体についての研究を主に進めています。「なぜ、生物は正確に1日のリズムを刻むことができるのか?」、この疑問に答えるべく日々研究を行っています。実験は主にマウスを使用します。マウスの手術をしてその行動を観察したり、組織のサンプルをとって長期間培養するといった実験(in vivo, ex vivo実験)や、組織サンプルからRNAやタンパク質を抽出し発現解析を行う実験(in vitro実験)など実験手法は多岐に渡ります。 本研究室の目標の一つは、行動(活動リズム)や生理機能の日内リズムメカニズムを分子レベルから解明することです。分子から細胞、組織、器官、個体の各レベルでの実験を行い、分子から行動や生理現象を説明します。また、多くの生理現象や疾患の発症に日内リズムが認められることから、薬剤の投与時刻を考慮する時間治療が最近注目されています。本研究室においても、時間治療を念頭におき、薬剤の時刻依存的な薬理作用を確かめる基礎実験を行っています。同様に、食物代謝にも日内変動が認められることから、同じ飼料でも給餌時刻を変えるだけで効率よく家畜や養殖魚を生産できる畜産・養殖技術の開発にも取り組んでいます。

研究室メンバー

修士2年 1名; 学部4年 8名; 学部3年 7名

研究業績

2017年

<論文>
Uchida H, Nakamura TJ, Takasu NN, Obana-Koshino A, Ono H, Todo T, Sakai T, Nakamura W.
The central clock controls the daily rhythm of Aqp5 expression in salivary glands.
J Physiol Sci, 2017 May 8 [PubMed]

Tahara Y, Takatsu Y, Shiraishi T, Kikuchi Y, Yamazaki M, Motohashi H, Muto A, Sasaki H, Haraguchi A, Kuriki D, Nakamura TJ, Shibata S.
Age-related circadian disorganization caused by sympathetic dysfunction in peripheral clock regulation.
NPJ Aging Mech Dis., 2017 Jan 5;3:16030. [PubMed]

<総説>
水田習斗、中村孝博、「概日リズムと性周期」、日本女性医学学会雑誌 第24巻 第2号 240-246

中村孝博、高須奈々、中村渉、「社会的ジェットラグが雌性生殖機能に及ぼす影響」、日本医事新報、4863,48-54、2017年7月

Tsubota K, Nakamura TJ et al. Anti-Aging Approach for Ocular Disorders: from Dry Eye to Retinitis Pigmentosa and Myopia. Nippon Ganaka Gakkai Zasshi 121: 232-248

<学会発表>
Shuto Mizuta, Wataru Nakamura, Takahiro J. Nakamura, Effects of the isolation of suprachasmatic nucleus on circadian wheel running activity, 15th Congress of the European Biological Rhythms Society, Amsterdam, Jul.30-Aug.3, 2017

中村孝博、「Neural mechanisms of age-related decline in circadian rhythmicity(加齢による概日リズム機能低下の神経機構)」、第94回日本生理学会大会 2017年3月28日~30日、浜松アクトシティコングレスセンターほか(招待講演)

織田はるか、横山葉子、立川直之、中村孝博、渡辺光博、「加齢による生体リズムと皮膚機能への影響」、第17回日本抗加齢医学会総会、2017年6月2日-4日、 東京国際フォーラム(優秀演題賞受賞)

中村孝博、「概日リズム撹乱による雌性生殖機能の低下(Circadian Disruption on the Female Reproductive System)」、第44回日本毒性学会学術年会、シンポジウム13「時間毒性学」 2017年7月11日、パシフィコ横浜(招待講演)

中村渉、高須奈々、中村孝博、「Aging in Circadian Rhythms and Reproductive Functions(サーカディアンリズムの加齢と生殖機能)」、第24回日本時間生物学会学術大会 2017年10月28日~29日、京都大学

森田里美、後藤芳邦、吉種光、浅野吉政、深田吉孝、八木田和弘、中村孝博、「Molecular basis of lipid metabolism control by circadian clock(概日時計による脂質代謝制御の分子基盤)」、第24回日本時間生物学会学術大会 2017年10月28日~29日、京都大学

2016年

<学術論文>

1)Nakamura TJ, Takasu NN, Nakamura W. The suprachiasmatic nucleus: age-related decline in biological rhythms. J Physiol Sci, 2016 Feb 25.

2)Shiga T, Nakamura TJ, Komine C, Goto Y, Mizoguchi Y, Yoshida M, Kondo Y, Kawaguchi M. A Single Neonatal Injection of Ethinyl Estradiol Impairs Passive Avoidance Learning and Reduces Expression of Estrogen Receptor α in the Hippocampus and Cortex of Adult Female Rats. PLoS One, 2016 Jan 7.

3)Uchida H, Nakamura TJ, Takasu NN, Todo T, Sakai T, Nakamura W. Cryptochrome-dependent circadian periods in the arcuate nucleus. Neurosci Lett, 2016 Jan 1 <著書・総説>

4)中村孝博、「卵巣ステロイドホルモンが概日リズムに与える影響」自律神経52, 7-12 <学会発表>

5)水田習斗、 大野琴美、中村渉、徳田功、中村孝博、「視交叉上核の外科的隔離が雌性マウスの性周期に及ぼす影響」、第11回環境生理学プレコングレス 2016年3月21日、北海道大学大学院医学研究科フラテ会館

6)伊藤寿々花、武井美澪、中野まりな、中村渉、下村和宏、中村孝博、「CBA亜系統における概日リズムの亜系統差」、第11回環境生理学プレコングレス 2016年3月21日、北海道大学大学院医学研究科フラテ会館

7)水田習斗、 大野琴美、中村渉、徳田功、中村孝博、「性周期発現には視交叉上核からの神経時刻情報が必須である」、第93回日本生理学会大会 2016年3月22日~24日、札幌コンベンションセンター

8)伊藤寿々花、武井美澪、中野まりな、中村渉、下村和宏、中村孝博、「CBA亜系統における概日行動リズム特性」、第93回日本生理学会大会 2016年3月22日~24日、札幌コンベンションセンター

9)中村孝博、「視交叉上核:加齢の影響」、第93回日本生理学会大会 2016年3月22日~24日、札幌コンベンションセンター

10)Nana N. Takasu, Takahiro J. Nakamura, Isao T. Tokuda, Takeshi Todo, Gene D. Block, Wataru Nakamura, Recovery from Age-Related Infertility under Environmental Light-Dark Cycle Adjusted to the Intrinsic Circadian Period, The 64th NIBB Conference Evolution of Seasonal Timers, Okazaki, April 22-24

11)Satomi Morita, Yoshikuni Goto, Kazuhiro Yagita, Wataru Nakamura, Takahiro Nakamura, Circadian Rhythms of Triglyceride Accumulation in NIH3T3-L1 Cells, Society for Research on Biological Rhythms, Palm Harbor, FL, May 21-26 Suzuka Itoh, Mirei Takei, Marina Nakano, Wataru Nakamura, Kazuhiro Shimomura, Takahiro J. Nakamura, Differences in the Circadian Phenotype among Substrains of Cba Mice, Palm Harbor, FL, May 21-26

12)水田習斗、中村渉、中村孝博、「視交叉上核の外科的隔離が概日輪回し行動に及ぼす影響」、第23回日本時間生物学会学術大会 2016年11月12日、名古屋大学本山キャンパス

13)藤木信吾、水田習斗、中村渉、中村孝博、「テストステロンが老齢マウスの概日活動リズムに及ぼす影響」、第23回日本時間生物学会学術大会 2016年11月12日、名古屋大学本山キャンパス

2015年

<学術論文>

1)Uchida H, Nakamura TJ, Takasu NN, Todo T, Sakai T, Nakamura W. Cryptochrome-dependent circadian periods in the arcuate nucleus. Neurosci Lett. 610 123-128: 2015 Nov.

2)Nakamura TJ, Nakamura W, Tokuda IT, Ishikawa T, Kudo T, Colwell CS, Block GD. Age-Related Changes in the Circadian System Unmasked by Constant Conditions. eNeuro, 2015 Sep 22.

3)Takasu NN, Nakamura TJ, Tokuda IT, Todo T, Block GD, Nakamura W. Recovery from Age-Related Infertility under Environmental Light-Dark Cycles Adjusted to the Intrinsic Circadian Period. Cell Rep, 2015 Sep 1.

4)Goto Y, Ogawa K, Nakamura TJ, Hattori A, Tsujimoto M. Substrate-dependent nitric oxide synthesis by secreted endoplasmic reticulum aminopeptidase 1 in macrophages. J Biochem, 2015 Jun.

<著書・総説>

5)中村孝博、「卵巣ステロイドホルモンが概日リズムに与える影響」自律神経52, 7-12

<学会発表>

6)水田習斗、 大野琴美、中村渉、中村孝博、「視交叉上核からの神経投射は性周期を維持するために必須である」、第22回日本時間生物学会学術大会 2015年11月21日~22日、東京大学本郷キャンパス

7)伊藤寿々花、中野まりな、武井美澪、中村渉、下村和宏、中村孝博 、「CBA亜系統における概日行動リズム特性」、第22回日本時間生物学会学術大会  2015年11月21日~22日、東京大学本郷キャンパス

8)高須奈々、中村孝博、草野慎之介、中西祐一郎、徳田功、中村渉、「マウス概日行動リズムの加齢変化と“社会的”時差ボケ」、第22回日本時間生物学会学術大会  2015年11月21日~22日、東京大学本郷キャンパス

9)Shuto Mizuta, Kotomi Ohno, Wataru Nakamura, Takahiro J. Nakamura The neural connection from suprachiasmatic nucleus is necessary for estrous cyclicity Asian Forum on Chronobiology in 2015, Sapporo, 2015年9月

10)Nakamura TJ, Tokuda IT, Nakamura W, Ishikawa T, Kudo T, Colwell CS, and Block GD, Aging Dissociates Circadian PER2 Oscillations of Individual Cells in the Suprachiasmatic Clock、第92回日本生理学会大会、2015年3月

11)吉田尚起、高須奈々、松本光平、徳田功、中村孝博、中村渉、マウス輪回し行動リズムの加齢変化、第10回環境生理学プレコングレス、2015年3月

2014年

<学術論文>

1)Goto Y, Ogawa K, Nakamura TJ, Hattori A, Tsujimoto M, TLR-Mediated Secretion of Endoplasmic Reticulum Aminopeptidase 1 from Macrophages, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 192 4443-4452: 2014

<著書・総説>

2)中村孝博、中村渉、「体内時計概論」、あたらしい眼科、31, 191-198 <学会発表>

3)Nakamura TJ, Tokuda IT, Nakamura W, Ishikawa T, Kudo T, Colwell CS, and Block GD, Aging Affects Circadian PER2 Oscillation of Individual Cell in the Suprachiasmatic Clock, 第21回日本時間生物学会学術大会、2014年11月

4)Shiga T, Nakamura TJ et al., Neonatal exposure to ethinyl estradiol decreased the learning performance and the expression levels of ER alpha in adult female rats, Neuroscience 2014, 2014年10月

5)中村孝博、卵巣ステロイドホルモンが概日リズムに与える影響、第67回日本自律神経学会、2014年10月(招待講演)

6)中村渉、中村孝博、体内時計の光受容と反応性、第14回日本抗加齢医学会総会プレシンポジウム、2014年6月(招待講演)

ja